大学院留学なら当サイトにお任せ!

このサイトでは、イギリスの大学院留学を絶対に成功させたいと考える人におすすめのまとめをご紹介しています。
英国の大学院に留学するときに必要になる書類や合格するまでのスケジュール、さらには社会人が英国の大学院への留学をするためにはどのようなポイントがあるのかも扱っています。
さらにはそもそも大学院の留学経験は就職に役に立つのかといった、留学前に知っておきたい疑問にも応えているサイトです。
渡英して学びたい人におすすめです。

絶対に成功させる!イギリスの大学院留学まとめ

絶対に成功させる!イギリスの大学院留学まとめ イギリスの大学院留学には、前年の11月ごろから受け付け始めている願書を出願する必要があります。
志望動機や推薦状、さらには卒業証明書と成績証明書、そしてコースによっては職務経歴書を合わせて提出したりします。
一部の大学院を除いては入学審査はなく、書類のみが必要です。
書類の提出は大学のサイトを通じてオンラインで済ませることもできるようになっています。
ただし人気のある学部の場合は早めに締め切られてしまうこともあるので、遅くならないように出願しておくことが成功の1つのポイントになるでしょう。
またイギリスの多くの大学院は条件付き入学にも対応しているので、英語力に不安があるために大学院留学を諦める必要はありません。

イギリスへ大学院留学して後悔する前にできること

イギリスへ大学院留学して後悔する前にできること 世界のことをもっと詳しく知りたいと思ったとき、積極的に海外へ訪れて今までに体験したことがないような学習を行うことは非常に大切です。
とくに学習環境が世界最高と言われているイギリスへ大学院留学することができれば、数多くの分野から自分に合った学習が行えるようになることはもちろん、日本ではなかなかできなかった質の高い専門知識を身につけることができるでしょう。
しかし、海外へ大学院留学を行うと言うことは、それ相応のリスクが伴うことも知っておかなければなりません。
留学した後に後悔だけが残らないようにするためには、実際に留学経験のある先輩から体験談を聞くようにしておくと役に立ちます。
そこで、今までにどのような後悔を感じている方がいたのか参考程度に紹介していきましょう。
短期留学で1年程度しか在籍しないのであれば問題ないですが、2年・3年と在籍期間が長くなってくると、学費はおろか生活していく費用もかなりの確率で苦しくなってきてしまいます。
どんなに多く貯金してきたとしても、実際にイギリスに住んでみると物価の高さが重くのしかかってきて、思っていた計画からかけ離れてしまうなんてことは非常に多くあります。
外国でお金に困ってしまうことほど絶望的なことは無いので、親の支援が可能なら素直に甘えるようにして、必要であればバイトを始めたりすることも大切になってくるでしょう。

イギリスへの大学院留学を希望する場合に準備すべきこと

イギリスへの大学院留学を検討している人がすべき準備には、さまざまなものがあります。ただ、その中でも避けることができないのが留学にかかる「費用」のやりくりです。一般的にイギリスの大学院で修士号をとるには、多めに見積もると500万円ほどかかると言われています。それゆえに、まずはこの少ないとは言えないこの額をどのように確保するかの検討が必要です。家族に頼るのも手ですが、奨学金で確保するのも良いでしょう。一方で、給付型の場合倍率が非常に高いので、事前にさらなる準備が必要です。大学院留学用の給付型の奨学金を勝ち取るにあたっては、大学3年生の地点で論文を書いておけると大きな武器になります。そのような環境が整備されたゼミや研究室を選択するのが良いでしょう。また、可能であれば自分で稼ぐのもベストですが、学業をおろそかにするのは厳禁です。勉強にしっかりと取り組みつつ、事前に資金のやりくりをどうするかを検討しておくようにしましょう。

夢の実現のためにはイギリスに大学院留学を行う必要がある

将来、日本の有名大学に進学を検討している方やイギリスの一流大学へ研究に行きたい、等と大きな夢を抱く若者は前向きに大学院留学を検討したいところです。特にイギリスや米国で研究留学を検討中の方は、大学院留学を行う必要が高くなります。グローバリゼーションが世界各国に行きわたった今、現代の若者に対して、非常に高い水準で英語力や留学経験が求められます。海外の大学院で取得した学位は、夢の実現を力強くサポートしてくれますし、語学を学びながら同時に就活の準備も整えられるのがメリットです。大学院留学は経済的にも、お得な面が多々あります。学費が非常に安価だったり、特定の条件を満たす事で学費の一部が免除されたり学費自体が不要になる等、経済的に裕福ではない普通の若者にとってこそ嬉しい選択肢です。給付金タイプの奨学金が利用できたり、大学院留学の仕方によっては研究による給与収入が得られる等、普通の語学留学にはない経済的な恩恵がメリットです。

社会人のイギリスへの大学院留学にはメリットがあります

社会人のイギリスへの大学院留学には様々なメリットがありますが、その一つに大学院の授業と経験を結びつけられる点が挙げられます。大学院の特徴として、1学期に専門分野の理論に関する授業が多く開講される特徴があります。この授業は非常に難しく、日本語で学んでもなかなか難しいものです。日本語でも難しいのにも関わらず、たったの数ヶ月間で、複数の理論を英語で学ばなければならないのです。しかしこのような時に社会人の経験があれば、理論を学んでいる際に、自分が経験したことや当時の悩みなどが重なる習慣があります。現実味を帯びた感覚で、このような理論を学びなおすことができるでしょう。
授業中のディスカッションでも経験談を語ることが出来、多くの人が興味を持って聞いてくれることでしょう。イギリスへの大学院留学にはそれなりにお金がかかりますが、経済的なゆとりがあることも一つのメリットです。またネットワークづくりに比較的なれていたり、キャリアアップやキャリアチェンジにも有効となります。

イギリスでの大学院留学を希望する場合は生徒の年齢層を知っておこう

イギリスで大学院留学を行うつもりであれば、日本とは年齢の事情が大きく異なっていることを知っておく必要があるでしょう。
日本では大学を卒業した後にそのまま院に進む人が非常に多いと言えます。75%ほどの院生が大学卒業後、そのまま進学を行っていることが特徴的です。一方で、英国の場合は卒業して仕事を経験してから院に進学する人が多いと言えます。そのため、わが国ではほとんどの院生が25歳以下ですが、英国では25歳以上の学生が多いことを知っておくと良いです。29歳が入学時の平均であり、クラスの半数ほどが30代以上であるケースが多いと言えます。経験豊富な年上の学生が多く、驚くことになるかもしれません。自分と同年代の学生ばかりだと思っていると、実際に留学してから戸惑う可能性が高いので要注意です。イギリスに大学院留学を行いたいと思っているのであれば、想像しているような年齢の生徒は少ないかもしれないと知っておく必要があります。

イギリスの大学院留学のための住宅事情について

若者が海外の大学に留学することの多い現在、留学先はアメリカやイギリスなどが英語圏が多いです。研究のために大学院留学を考えている人も少なくないです。
イギリスの住宅事情として、物価や家賃は日本ほど高くないです。会社の研究のために大学院留学する場合、家賃は会社持ちで問題ないですが、自分の意志で留学を目指しているときは住宅事情を把握してうえで決めていきましょう。家賃が安くてもお風呂がない場合があります。フランスなどと同じでお風呂に入る習慣がないのでお風呂のことも念頭に置いておいてください。家賃はピンからキリまでです。留学先で住まいなどは斡旋してくれますが、かならず家賃をしっかり把握しておくことです。気温が低いところですので暖房設備がしっかりしているところがいいです。また大学に近いところも重要です。交通手段を自転車や徒歩と考えておいてください。経済的な負担が大きくならないようにするためです。そのことで学問に励む余裕が生まれてくるものです。

イギリスなどの他国の大学院留学に必要になるものについて

学生にとって留学は魅力的なものである場合が多いですが、大学時代の留学が語学留学の側面を持つ一方で、大学院留学の場合には専門分野をより深く修めるという目的のために行われることがほとんどです。従って語学レベルが要求される水準以上であることはもちろん、何をしに大学院留学を希望するのかについても明確にすることが求められます。
日本の場合最も人気が高いのはアメリカですが、他国に目を向けた場合にはイギリスも選択肢に上がります。その背景にはアメリカに比べて生活費等がやや安価に抑えられる点に加えて、ヨーロッパでも最高峰のこういく水準を持っていることが揚げられます。語学力についてもアメリカで求められる方向性と同じで織ることは大きいでしょう。このような背景から、日本からイギリスへの留学には一定数の需要が存在しています。分野にもよりますが大学院での活動には国際的な活動もありますので、英語力は重要になると考えられます。

大学院留学でイギリスを希望するならどこまで勉強すればよい?

イギリスでの大学院留学を目指す場合、どのレベルの勉強が必要かというのは、もちろん選ぶ大学院によっても変わってくるでしょう。
一般的な大学留学ではなく大学院留学ともなればさらに英語のレベルは高くなくてはなりませんし、専門的な学習というのも必要になってきます。ちなみに海外の大学院での1日の様子をまとめているサイトなどもありますし、学生生活がどのように送られているか参考にしてみるのもお勧めです。スケジュールを把握することや、どういった学習をしているかが分かるとそれを参考にして学校選びに進んでいくことも出来るかもしれません。社交性が高いという事も海外留学では求められる事ですし、コミュニケーション能力があまりない方ですと最初は大変苦労をする場目もあるでしょう。それでも自分の意見をしっかりいうという事が海外留学では重要なポイントとなってきますし、それが出来るようになれば上手く進むことが出来ます。勉強もその上に成り立っていきます。

大学院留学にイギリスを選ぶ理由は沢山ある

本場の英語を学ぶために大学院留学をする学生が増えていますが、数多い留学先の中でもイギリスは設備が良く整っていることもあり人気があります。
イギリスを大学院留学先にする理由の一つは履修クラスや卒業までの期間が入学と同時に決まっているところで、それにより無理なく学ぶことができるので本当に助かります。
一昔前よりも留学生に広く門戸を開いている点も大きな魅力で条件付きの合格を提供していますし、ロンドン大学系やオールドスクールでも準備クラスを開講しているので英語力の足りない人でもトップスクールを狙うことができます。
また長い休みもないので短期間でしっかり勉強したい人にとっては有難い限りですし、ほぼ全ての大学が国立で運営されている点も大きな魅力の一つです。
このように大学院留学を多く受け入れているこの国は大変人気があり基礎から応用まで学ぶことができますが、斡旋している会社によって費用は異なるので事前によく確認した上で利用するところを決めるようにした方が良いです。

大学院留学によってイギリスで学ぶことと日本で学ぶことの違いについて

英語を話せるかどうかは就職活動をする上でとても重要で多くの会社は英語の上手い人を採用しているので、先のことを見据えて本格的に勉強している学生が多いです。
ただ日本にいて英語を学んでいても本場には必ず流暢に会話をすることにより実践力を身に付けることができるので、英語圏に大学院留学をする学生が増えています。
特に人気があるのが設備が整っていて比較的安い価格で留学することができるイギリスで、講師陣も揃っている上に綺麗な街で暮らすことができるのでそこで学ぶことを希望している人が沢山います。
日本で学ぶこととの違いは専門分野に関した基礎知識を学ぶことができることで、基礎から実践力までしっかりと学習することができるので有意義な生活を送ることができます。
そういったこともあって大学院留学にイギリスを選ぶ学生が沢山いてそれにより実践力を学ぶことができるのでとても良いのですが、留学を斡旋している会社によって費用が変わるのでこの点は注意するようにした方が良いです。

イギリスの大学院留学を選んだ人の進路とは?

イギリスの大学院は1年制で、アメリカや日本の2年制よりも早く修士号が取れるというのがメリットです。大学院を卒業すると、スチューデントビザからグラドュエートビザに変更ができ、2年間就労を行うことができます。
政府に指定されている大学院のみがこのビザに変更可能なため、対象の大学であるかどうかの確認が必要です。大学院留学後に博士課程へと進むと3年間の滞在が可能となります。大学院留学では、留学生向けに就職活動や進路についてのオリエーテーションが行われており、現地で就職活動を行う学生も多いです。
日本の就活と異なり、一括の採用スタイルではないため、インターシップや論文の執筆で得たコネクションなどから就職につなげている学生も。
日本での就職活動を希望し、日本のエージェントとコンタクトを取ったり、大学院卒業者専門サイトなどを活用している学生も多いです。イギリスだけでなく、アメリカや世界に就職先を広げ探している人もいます。

イギリスに大学院留学するメリットとは何か

イギリスへの大学院留学には、様々なメリットがあります。その最大のメリットとは、入学審査に締め切りがないことです。出願申請の締め切りがないので、希望の大学院の入学審査がすでに終了していたというトラブルの心配がありません。
何らかの事情で出願を早めたいときも、自分のスケジュールに合わせて対応することができます。期日が決まっていなければ、大学院留学に向けての長期的な計画を立てることも可能です。また入学が9月であるため、余裕をもって英語の学習を含めた準備を進めることができます。
日本の年度の区切りは大体3月ですので、入学まで落ち着いて取り組めます。さらにイギリスの大学院の多くは1年で卒業することができるため、アメリカ・カナダ・オーストラリアなどの大学院と比べて、学費や滞在費を安く抑えられます。
他にも卒業すると就労ビザを申請できるので、卒業後2年間は現地で仕事をすることが可能です。こうした就職や定住への道が開ける点も、メリットの一つであるといえます。

イギリスで大学院留学するのは何歳から可能?

イギリスの大学院は、日本やアメリカと異なり1年制の修士課程です。では、何歳で大学院留学が可能なのでしょうか。大学院に入学するためには、学士号を取得していなければなりません。
日本や欧米で大学を卒業した後に入学できるため、最短でも22歳以降からの入学になります。1年間で修士号が得られるため、40代以降のビジネスマンなどもチャレンジすることが多いです。イギリス大学院留学では、入学の審査で必要なのは書類のみ。
学士号の証明や、大学在学中の成績、推薦状のほか、IELTSやTOEFLのスコアが必要です。英語力が求められているスコアに達しない場合には、条件付き合格という制度があり、入学までに必要なスコアを得ることで入学できます。
入学までに条件のスコアを得られないと、せっかくの条件付き合格が取り消されてしまうので注意が必要です。IELTSのスコアは、リスニングやスピーキングなどで基準点が設けられていることもあるので、各大学の要件を確認しましょう。

大学院留学について詳しく知りたい

大学院留学情報についてもっと知りたい